%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%b1%e3%82%a2セルフケア
セルフケア

腰痛にはお尻ほぐしを

セルフケア

 

私は独身時代から腰痛がありました。

OL時代は毎日ヒールを履いて出勤。

デスクではPCしながら猫背になり、

「足冷えるし、ムクんで最悪~」と言いながら運動はしたくない。

そりゃあ腰痛になるわ!!という過ごし方をしていました。

 

 

そんな私が結婚して妊娠、出産。

腰痛は悪化して、子育てにも支障がでました。

「子どものオムツ替えができない!」ってどエライ支障でしょ?

本当に1ヶ月ほどできなくなりました。

情けなかった・・・

 

妊娠中に靭帯を緩めるホルモンが分泌されて、産後数か月はその緩みが残っています。

出産後は関節が不安定で、育児の姿勢と筋力不足で

腰は悲鳴を上げている状態です。

 

ある日突然腰痛にはなりません。

これまでの姿勢の積み重ね。

 

妊娠出産を経て腰痛になった、というよりは、

妊娠前からの姿勢が影響し、

産後のホルモンバランス、不安定な骨盤と

育児の姿勢で腰痛につながったと考えられます。

 

運動して筋力をつけることがベストですが、

簡単なケアを日々コツコツ行うことで

防ぐことができるのです。

 

お尻の筋肉をほぐそう!

【その1:床でほぐす】

1.床に膝を立てて座り、両手は体が安定する位置に置く

(フローリングにヨガマットやバスタオル1枚敷くくらいがちょうどよい)

2.片側のお尻を浮かせて、床についているお尻を動かし床でほぐす。

ゴリゴリ固いところ、痛いところを重点的にほぐします。

※反対側も同様に

 

【その2:硬式テニスボールを使ってほぐす】

仰向けになってお尻の下にボールをおき、お尻全体をほぐす。

痛いところ、固いところはしっかりほぐす。

※反対側も同様に

 

腰回りが軽くなります。お尻をほぐして腰痛予防しましょう!

 

 

 

Category : セルフケア

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ヨガ講師&足育アドバイザー 森本 麗

赤ちゃんと一緒に通えるヨガで、息抜きしませんか?

はじめまして!
頑張るママを癒し元気を届けるヨガ講師の森本麗(もりもとうらら)です。

「Yoga* Linola(ヨガリノラ)」(ハワイ語で lino=輝く・la=太陽)という教室名でヨガをお伝えしています。

育児の疲れ、ため込んでいませんか?
笑顔でお子さんを抱きしめてあげられていますか?

私は産後、疲れが取れない毎日を過ごしていました。
子連れでヨガに通うようになり、自分と向き合う時間を持つことで心がほぐれました。

「体の不調を改善したい」
「キレイなママになりたい」
「穏やかな心で笑顔で子育てしたい」
ヨガを通して、自分の想いに気づくことができました。

妊婦さん、子育て中のママが、
「 母・妻・ひとりの女性として輝いてほしい 」
「 ママは家族の太陽。笑顔の光を家族に照らし続けてほしい 」
という思いをもって、ヨガをお伝えしています。

同じカテゴリーの記事5件

    ブログ一覧へ戻る